H/Wオプション機能の制御に活用

USBドングルROCKEYが、多機能プリンタ(MFP)とコラボレーション

課題

  • MFPの製造ラインでは、コントロールボードの共通化は進んでいて効率化が図られているが、最終工程のところで出荷先に応じた情報(輸出先、製品ラインナップ、オプション機能など)を直接ボード上に焼き込んでおり、このため効率ダウンとなっている。何とか改善できないか?

ご提案

  • MFPの製造は一律で行い、弊社のUSBドングル製品(MFPの部品の位置づけ)をイネーブラーとして接続することで、出荷先ごとのオプション機能を制御することができます。
  • 国内他社製品比較でも、圧倒的な低コストでご提供できます。

システムイメージ

製品利用例

ROCKEYドングルについて

ROCKEYドングルの製品紹介


区切り線

アプリケーションの不正コピー防止ドングル「ROCKEY」を具体的に導入をご検討されている方には評価キットをご提供させていただきます。

ROCKEYドングル 評価キット申し込み
その他の製品の評価キットを申し込みされる場合は、評価キット申し込みより目的の製品をお選びください。

製品に関するご質問や評価キットの申し込みなどはお気軽にお問い合わせください。