ePass USBトークン

製品比較表

以下はUSBキー ePassトークンシリーズの製品比較表になります。

 

機能

ePass

1000

ePass

1000ND

ePass

2000

ePass

2001

ePass

2003

ePass

3003

ePass

3003

Auto

No. 内容
1 メモリ容量(単位:バイト) 8K/32K 8K/32K 32K 32K 64K 64K 64K
2 メモリタイプ EEPROM EEPROM 8bit IC
カード
8bit
IC
カード
8bit IC
カード
32bit IC
カード
32bit IC
カード
3 認証方式 PIN(暗証番号)
4 証明書の格納
5 PrivateAPIを利用する
Web認証
× × × × ×
6 Windows2000/XP/
2003Server/Vista/
2008Server/
7 (32bit)
7 WindowsXP/
2003Server/Vista/
2008Server/
7(64bits)
8 Linux
9 MacOS(8.6以上)
Mac
10.3
まで
×
Mac
10.3以上
10 PKCS#11、Microsoft CAPI、X.509 v3 CertificateStorage、SSL v3、IPSec/IKE規格
11 ISO 7816-3 and 4規格 - -
12 PC/SC規格 × × × ×
13 ドライバ 必要 不要 必要 不要 不要 不要 不要
14 ミドルウェア

 

○:対応、×:未対応、-:対象外
※:詳細は、「製品お問い合わせ」よりお問い合わせください。

各機能説明

2.メモリタイプ
トークンに搭載するメモリの種類です。EEPROMというセキュリティ性付きのROMとICカード(スマートカードチップ対応)二種類あります。
3.認証方式
USBトークンにアクセスする為の方式です。PIN番号の入力があります。
4.証明書の格納
電子証明書を格納し、VPNやメール暗号化などの様々な PKIソリューションと連携する為の機能です。
PKIを利用するため、トークンのドライバとミドルウェアをインストールする必要があります。
5.PrivateAPIを
利用するWeb認証
PrivateAPIを利用して、証明書以外のWeb認証(チャレンジ&レスポンス認証など)を実現できる機能です。
ミドルウェアをインストールする必要ありません、ドライバをインストール必要があります。
11.SO7816規格
スマートカード関連する規格です。
12.PC/SC規格
Windows環境でICカードを利用するための標準アプリケーションインターフェイス仕様です。
PC/SC インターフェースを未対応のトークンについて、トークンに格納された証明書にて下記アプリケーションでは使用できません。
  1. Microsoft Windowsのスマートカードログオン
  2. Microsoft Windowsのリモートデスクトップ接続でのスマートカードログオン
  3. その他スマートカード(PC/SC)デバイスに直接アクセスするVPNアプリケーション
    (Microsoft WindowsリモートアクセスVPNなど)
13.ドライバ
トークンはOSより認識させるため、必要なソフトウェアです。
14.ミドルウェア
PKI(SSL認証、電子署名、VPN連携など)に利用する際に、必要なソフトウェアです。

区切り線


掲載されていない比較項目についてはお問い合わせください。

○:対応、×:未対応、-:対象外、※:弊社までお問い合わせください。

電子証明書の格納やPKIソリューションと連携するUSBトークン「ePass」を具体的に導入をご検討されている方には評価キットをご提供させていただきます。

ePass USBトークン 評価キット申し込み
その他の製品の評価キットを申し込みされる場合は、評価キット申し込みより目的の製品をお選びください。